ひばりヶ丘の家

鈴鹿市岸岡町 Y邸 木造新築工事

 

 高低差のある丘陵地、閑静な住宅街に白壁がひときわ目を引く、Y邸。一目見てハウスメーカーの建てるローコスト住宅とは違うシンプルスマートなデザインは、年月を経ても味わいが増していく建物だと気づくハズです。

 

 プラン・デザイン企画、設計当初から、高度成長期から今日に至るまで、建物の工期短縮やノンクレームに特化した新建材ばかりで構成されるスクラップビルドな建物とは正反対の、職人の技術と知識で丁寧に手造りされる味わい深い建物をコンセプトにした、子育ての終わったご夫婦二人で住まれる建物です。

 

 平屋住まいを普段使いのベースに、LDKに寝室、応接間、それに水廻りの建物に、親類家族が来た時に利用可能な一部屋が2階に設けられた、2階建て建物。二部屋設けた2階の納戸は、用途を変えれば書斎にも使えます。床のフローリング材は1階はナラの無垢材、階段から2階はヒノキの無垢材を使用。そして建物の特徴でもある白壁の外壁には、100%自然素材の白洲そとん壁Wで左官職人による仕上げとなっています。新建材サイディングのように再塗装やシーリング打ち替え等のメンテナンスが必要なく、外壁表面も静電気が起きない為、汚れやホコリが付きにくい外壁です。