河芸 古民家英会話スクールリノベーション工事

 築50年以上の古民家を、空間デザイナー山野真一が設計デザイン・施行・監理を行った、古民家英会話スクール。

 

 デザイン段階で見えてきた施主の要望は、

①予算の関係上、施主自身で古壁の塗装をDIYしてもらうこと。

②不特定多数が利用するので耐震性をUPすること。

③建物メンテナンスにお金が掛からないように減築すること。

④キャスター付の椅子が使えるように床の材質と柄を吟味すること。

⑤各部屋に防音・遮音を施すこと。

⑥教室の為、照明は蛍光灯を主に、全てLED照明で考えること。

でした。

 

 昔ながらの田の字型の連なる座敷に土間・井戸のある古民家は、長年、空き家で使われていなかった事と湿気の多い土地柄のせいもあって、改修開始直後に想定以上の白蟻被害の問題に直面しました。床下環境を改善する為にそのまま利用するハズだった床組みを全て解体撤去して防湿シートで全ておおい、湿気をシャットアウト。防蟻工事も行ってからの造作工事となりました。

 

 増築されていた洗面と風呂場、離れの外便所を解体して、元の主屋原型に減築。耐震補強には外部へ耐力面材を貼り、内部は間仕切り壁に構造合板貼りで壁量を増設。断熱性をアップする為に、天井・床・壁への断熱材施行。新たに打設した土間コン下へも、断熱材を設置しました。

 

 デザイン上でこだわった部分として、

①元々あった千本格子戸を活かすこと。

②おくどさん(かまど)生活時に付いた煤けた土壁・梁をデザインに取り入れること。

③和柄であり洋柄でもある一松デザインの安価なベニヤ材の床。

です。

改修前

改修後